スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBレッスン1回目ですぅ。

こんばんはぁ

遂に始まりましたぁ。ヴァイオリンのレッスン開始ですぅ。
いついつ始めようかとずぅっと暖めていたのですが、やっとこさぁ1回目にたどりつきましたぁ。
何故この時期に始めたのか。実は、今月末にこちらの福岡市で音楽のイベントが開催されます。
まぁ、今夢中になってるアイリッシュ音楽の大元に日本ケルト協会という団体が主催元でして。単に遊びに行ってるパブのオ-ナ-なんですけど。〔笑〕

で、イベントの後の打ち上げの際にお店の前でソロ演奏を計画しちゃっているんです。
そこで長年?解消すべく考えていた悩みをこの際解決しようと思い立った次第という訳です。
今月のイベントはこちら→ここをクリックしてね

土曜日に予定していたのですが、訳ありで日曜日に変更してもらいました。〔先生、ごめんなさい〕
時間を夕方にしてもらいました。

レッスンに使いました機材です。
PDAいわゆるアイフォン+マイク付きの付属イヤフォン〔最初からの付属品〕。
今回の目的は、音質の現状把握と音質向上です。
まず、開始前のお知らせをメ-ルで先生に連絡します。
返答があってからスカイプを立ち上げる。 〔※アイフォン用専用ソフトは音のみです。マイクのアイコンをクリックすればヘッドセットのように使えます〕
先生と音声にて確認を取り音出しに取り掛かる。
基本の開放弦のロングト-ンから先生の指示を待ちます。

指示内容:
①最初に松脂の塗り過ぎを指摘されました。松脂を塗るタイミングは、弓が滑るように感じたら一往復ぐらい塗ればOKとのこと。どうやらアイリッシュの練習会で友人から松脂をもっと塗るようにアドバイスをもらってから多めに塗っていたのが原因のようです。余分な松脂を取り去ってから音がクリアになりました。
②メトロノ-ムを使用する。速度は60ぐらいにする。弓を四分割にして返しも速度を守る。
③セビシック教本は有効だが必要な部分のみ使う。以前通っていました先生から主にアタックの練習に使ってました。
     
◎実際の曲を弾いていて音がいわゆる汚い音の対処方法もお聞きしました。
①速度を弾ける速度に遅くする。
②左手を使わずに開放弦のみで曲を弾く。音を作っているのは右手だからまず右手を安定させること。
③仮に今日の練習で速度を5早く出来るようになったら翌日は3から始める。〔2遅くすると遅めに感じられるため〕。この場合は左手が原因ですね。
      
◎三連符を均一に弾けない。その解決の考え方もお聞きしました。
問題の原因は、現象の起こっている前にあること。現象を起こしている指に注目しがちだけれどもっと前に原因があること。指は四本しかないのでその中で原因の指がある。解決には前記述の開放弦で弾く対処法が有効だと指導されました。
      
ここで前の記述に戻って、今回のレッスンで気付いたこと。アイフォンでのレッスンでは映像がありませんので、先生の声に神経を集中しました。なので、通常のレッスンに比べて集中力がアップしたのです。生徒の音に先生が指導をして再度弾いてみる←更に先生の指導をいただく。この方法だと映像を見る必要を感じませんでした。

特に、音をイヤフォンを通して聴くのは、よく言われる録音して自分の音を聴く行為そのままでありより客観的な判断が出来る。これは、かなりのレベル向上をもたらすのではと思わざるを得ませんでした。より実測的な指導を貰えて勇気百倍です。〔笑〕

次回のレッスンは、今週末の土曜日で予約取りました。先生のレッスンは、より生徒の都合に合わせていただけるので感謝しています。夜間のレッスンもしてもらえるなんて教室今まで聞いたことありません。

先生の教室紹介しておきますね。→ こちらをクリックして下さい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kilmovee〔きるもぶぅ〕

Author:Kilmovee〔きるもぶぅ〕
生まれも育ちも福岡です。なんばしょっとぉぅが口癖ですぅ。

趣味でヴァイオリンいや最近は、アイリッシュ音楽ばかりだからフィドルを弾いてるて言わせて下さい。いわゆるフィドラ-です。と聞いて怪獣?なんかじゃありません〔笑〕
他には、フル-トや横笛、縦笛、後ギタ-なんかも手を出してますぅ。
練習をサボってきたため、以前に比べて更にヘタになってしまっています。頑張ろぉぉぅ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
お立ち寄りありがとうございます。僕のブログにお出でいただいた方を表示してます。カウンタ-にカ-ソルを乗せるとグラフを見ることができます。
ご意見・ご希望はこちらに
ご意見・ご希望があれば下記のメ-ルフォ-ム欄よりお願い致します。今後の練習の参考にさせていただきます。通常は非公開に設定しています。公開を許可していただける方は、ご面倒でも表記をお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

Irish Music
アイリッシュ音楽が聴けます。好きな曲をクリックして下さいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。